「マレーシアも韓国、中国と同じく旧正月がある」 2007年2月9日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
最近マレーシアにも旧正月があるということを初めて知った
SeoulLife Records店長の小杉です。

ええ、マレーシア盤の仕入れでなんちゃって英語を駆使して現地の
担当者とお話をしていたのですが

「旧正月前後はバタバタするのであんまり動きが取れないです」

ということで知ったのですね。
そういえば華僑の方の多い土地ですし。旧正月=Chinese New Year
ということでした。日々勉強でございます。

で、今年の韓国の旧正月は17、18、19でして、韓国中から「最低」
という声が上がっているようです。土、日、月ではなかなか
お正月休みという気分にもなれません。

旧盆と並んで帰省で「民族大移動」が起こるこの時期、しかもこの
短さでは恐ろしい混雑が予想されるということで、帰省を控える
人も結構居るようですね。

親子の付き合いがかなり厳しめの韓国で帰省を控えるというのは
余程のことですが、まあ余程の状態になってしまうということ
なのでしょう。電車、飛行機は予約いっぱい、車は渋滞で全く
動かず、ですから・・・。

ちなみに店長小杉、帰省といっても実家が電車で15分なのですが
週イチくらいで帰省しておりまして、

「帰ってくるとメシ代が高くついてかなわん」

と迷惑がられております。

それでは、イマイチ盛り上がらぬまま今回のメールマガジンは
このあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す