「自転車に行われる数々のイタズラ」 2007年1月12日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
本日から新しいチャリンコ(自転車)にて通勤開始、気分よく
来るつもりが疲れ果てているSeoulLife Records店長小杉です。

新しい自転車はちょっとメタリックな赤色でタイヤの小さな
オシャレさんな感じで変速付き。もう言う事は無かったハズなの
ですが・・・

タイヤが小さいと地面の凸凹を全部拾ってしまうんですね。
見た目に騙されて気づきませんでした。

もうサドルからの振動でお尻がアレです。割れそうです。

という安直かつオヤジなコメントはさておいてですね、この
「つれづれ」を読み続けている奇特な読者の方は覚えておられる
かも知れませんが、今恐れているものは

「店長小杉にそこはかとない好意、もしくは露骨な敵意を持って
いる何者かによる店長小杉への自転車へのイタズラ」

でございます。
これまでの自転車も

・中身の入ったジュースをカゴに入れられていたり、
・離れた場所に隠されていたり
・サドルに牛乳らしきものをかけられていたり
・隣の自転車と連結されていたり
・ひっくり返されていたり

・・・と、もう枚挙にいとまがございません。

店長小杉的には私の知らない20代前半のどちらかといえば
綺麗系の女性、できれば仲間由紀恵似の方による好意の裏返し、
と思うようにしているのですが、周囲の人間によると

「かなりな底意地の悪さを感じる」

イタズラでして、もうこれを新しい自転車にされてしまうと
しばらく立ち直れません。

そういう訳でしばらくは自転車に何事もないこと、もしくは
仲間由紀恵似の方が勇気をもって告白してくれることを
願い続ける日々が続きそうです。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す