「カムジャタン、つまりジャガイモ鍋、でもジャガイモはそれほど」 2006年11月3日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
辛いものの食べすぎでちょっとお尻がアレでコレな状態になって
しまっているSeoulLife Records店長の小杉です。

出だしからお下品で申し訳ございません。

まあ色々な話題があるのですが、まずは「マジック」OSTのお話でして、
おかげさまで多数のご予約を頂くことができました。

で、到着当日「あ、再製作になりましたー」という連絡がありまして
喜んだのもつかの間、枚数にかなり制限のある再製作になってしまい
まして・・・泣く泣くご予約を割り当て枚数でストップさせて
いただいた次第です。

本当はもっと沢山確保すべきところ、力不足にて申し訳ない限りです。
追加の打診はしているのですが・・・。

そんなこんなでいくつか打ち合わせを経てありついた夕食は

カムジャタン。

スペアリブ鍋、のようなものですね。日本語に直せばジャガイモ鍋、
みたいなものですが、何故か大抵ジャガイモはあんまり入ってません。

韓国に来た初日にはこれを食べるのがクセになってまして、食べ
終わった後のスープで作ってもらう焼き飯、これががまた美味しいの
ですよ。

当然ながらキムチは頼めばいくらでも出てきます。

日本に居るときはこれが一皿いくら、という感じでなかなか頼み
にくいものですが、もういくら食べてもOKとなると・・・

出だしに書きました通り、ちょっと翌朝のお尻に問題が出てくるわけ
ですね。

ええ、一度の食事で二度激辛を味わうことになるのですよ。

・・・このまま続けると果てしなくお食事前の方々に申し訳なく、
かつ文化の日に文化から百万光年くらい遠いところに着地してしまい
そうなので、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す