「韓国では自転車に乗れない人が多い」 2006年6月30日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
今回から巻末で果てしなき独身生活にまつわるグチを垂れ流す担当に
なったSeoulLife Records店長の小杉です。

メイン部分を担当している東は東方神起ファン。
まだ不慣れなところはありますが、私よりも商品についてより踏み
込んだご説明ができるかと思いますので、しばらくは生温ーい目で
見守ってやってください。

前置きはこのあたりで、以前からこの「つれづれ」を読まれている方、
私店長小杉が自転車通勤を始めたという事はご存知かと思われます。

自宅からオフィスまで、直線距離ではけっこう近いのですが、
だいたい4~5km程度の距離でしょうか。

で、始めて1ヶ月と少し。
体重が5kgも減ってしまいまして。

普通これは自転車通勤の結果として評価される数字ではあるのですが
もともと”やせすぎ”の部類に入る私、このままでは確実に
「貧相な体型」間違い無しです。

なんとか体重を戻す方法は無いものでしょうか・・・。

強引にお話を韓国に移しますと、韓国と自転車、これはあまり縁が
あるとは言いがたい組み合わせなのですね。

旅行に行かれた方は気づかれたかも知れませんが、ほとんど自転車が
走っていません。日本の感覚からすれば不思議なことですが、
「自転車に乗ったことがない、乗れない」というお話も珍しくは
ありません。

ええ、で私の「日本で自転車の乗り方教えてあげるよ」という言葉に
引っかかってくれた韓国の女の子の数が0名であることも追記して、
今回のメールマガジンを締めくくりたいと思います。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す