「韓国では前の信号が赤でも右折は可能」 2006年4月28日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
久々に帰ってきた韓国人スタッフの運転で寿命が3年は縮まった
SeoulLife Records店長の小杉です。

ご存知のこととは思いますが、韓国と日本では車線が違うのですね。
当然右ハンドル、左ハンドルの違いがあります。

で、昨日ちょっと所要があってこのスタッフの運転する車で
外出したのですが、もう曲がろうとするたびに・・・

ワイパー動きまくり、ウォッシャー液出まくりです。
ウインカーのレバーも当然ながら逆なんですね。

そしてもうひとつ怖いのがですね、

「韓国では前の信号が赤でも右折は可能」

というルールです。日本の「左折可」が総ての道路でOKという
感覚ですね。日本でドライバーにこの感覚が残っていると非常に
怖いです。

信号が赤なのに車が前に進んで行くのですよ。怖すぎです。

そんなに怖ければ自分で運転すればいいのに・・・という向きも
あるかと思いますが、私、超運転がヘタなんですね。

「後ろ向きに駐車」が最重要課題となっているくらいです。

高速道路に乗ったことがありません。
縦列駐車はもってのほか。
スーパーでは出口から一番遠い、空いているところにとめます。

書いていてなんだか惨めになってきたので、オチのつかぬまま
ですが今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す