「今韓国では巨人ファンがかなり増えているらしいです」 2006年4月19日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
阪神ファンとしては新庄の引退宣言には結構意外性を感じなかった
りするSeoulLife Records店長の小杉です。

で、阪神ファンとしては当然ながら巨人はもっとも倒すべき敵という
ことになるわけですが、強いですね、今年は。正直ちょっと簡単には
勝てないなというイメージだったりします。

ここで強引に韓国のお話にもっていくわけなのですが、4番が
イ・スンヨプなんですね。ロッテ時代はさほどとも思わなかったのですが、
今年はまあよく打ちますね・・・。

そういうわけで、今韓国では巨人ファンがかなり増えているらしいです。
独占放送があったりするのですが、その解説が

「関西の阪神タイガース戦の解説と似てる」

とは韓国人スタッフの意見です。

もうイ・スンヨプが打てば、巨人が勝てばそれでいい、というノリだそうで。
このスタッフも関西に来てタイガース戦の解説を聞いてかなり驚いた
らしいですが、それを彷彿とさせる感じみたいなのですね。

そしてこのイ・スンヨプの活躍の原動力が、韓国の占い師さん達曰く
ミスコリアの奥さんの強運らしく。

この人のダンナになれば大抵うまくいく、ということですね。

店長小杉としては、もはやこういう人との結婚を頼みの綱に人生の
逆転満塁ホームランを夢見て生きていくべきかなと真剣に思う毎日です。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す