「韓国で軍に徴兵される芸能人、されない芸能人」 2006年4月1日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
この「つれづれ」でも4/1に何かウソをつこうと思っていたのですが、
結局何も思いつかないままの善良な一市民SeoulLife Records店長の小杉です。

本気で騙しにいってしまうと後で弁解が大変ですし・・・

実はいま性転換手術のためにモロッコからこのメールマガジンを書いています。

・・・という明らかにウソとわかるウソもつまらないですし、
そういう社会人としての大人な判断ですね。

性転換でモロッコというのも古すぎですが。

で、まあ早くもグダグダな感じになってきていますので、
モロッコではなく韓国のネタをひとつ。

最近軍入隊が相次いでありましたね。
チョ・ソンモにキム・ジョングク。キム・ボムスは4/3だそうです。

ビッグネームとはいえ徴兵は避けては通れないのですね。
有名だからこそ避けられないという韓国の風潮はありますが。
芸能人が理由も無く国籍を変えたりなどで「徴兵逃れ」をやってしまうと
人気は一気に地に落ちてしまいます。

さて、ここでふと思ったのです。

「ハ・リスは徴兵されないの?」

韓国の性転換者の中ではもっとも有名と言っていいハ・リス。
もう完全に性転換してしまって、実際女性にしか見えませんし戸籍も
女性になってしまっているそうですが、一応「元」男性。

韓国のスタッフに聞いてみると、当然というか何というか徴兵制は
適用されないそうです。そりゃまあ戸籍が女性ですもんね。

「じゃあ、ピーターみたいな人はどうなるの?」

「美川憲一は?」

「おすぎとピーコは?」

・・・という疑問は調べるのが面倒なのでやめておきました。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す