「社長に代打を頼む」 2006年2月7日配信号

[つれづれ。。。]
▼―――――――――――――――――――――――――――――
えー・・・今回はまた代表の文(ムン)にピンチヒッターを頼んで
しまったSeoulLife Records店長の小杉です。

お久しぶりです。SLRの名前だけの社長,文です。

韓国はあいかわらず,寒いですね。この間は,3歳の息子が風をひきましてね。
家族全員が大変でした。皆さんもお体には気をつけて。。。

さて,そういえば,今回は個人的な話をちょっと。

未婚ばりなりの店長小杉と違い,自分は家族を持ってまして,
先も言ったけど3歳になる男の子もいます。この間,旧正月に実家が
あるデグにいきまして,親と会いましたが,初孫なので,もう,それは
かわいくてしょうがないみたいです。

ま,かわいがるのは問題ないが,うちの母は大のビ(RAIN)のファン
でしてうちの息子を見たら,ビに似てると言って喜ぶんですよ。

母上,ちゃんと見てくださいよ。。親をどこを見ても悲しいから
ビらしき遺伝子は見当たりません、、^^;
そんな風に心のそこから毎回叫んでます。

親心としてはビまでは行かなくても店長の小杉の年までは
彼女がいってほしいものです。。。。。今日はこれまで。。。

では。最後に店長の小杉があまり結婚に夢をもたないのは
すべて社長の私の責任でございます。。。。

それでは、今回のメールマガジンはこのあたりで。

韓国音楽専門ソウルライフレコード

 

コメントを残す