「年末のご挨拶を簡単に」 2005年12月30日配信号

「年末のご挨拶を簡単に」 2005年12月30日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― 「今年は彼女を作ろう」という新春の誓いを今更ながら思い出して 涙にくれているSeoulLife Records店長の小杉です。 来年も誓いますとも。まあ、毎年のことですから。 それはさておき、本年も読者の皆様には温かいお便り、励ましの メールなどを頂きまして、本当に感謝しております。 こういうお仕事をしていて、なおか…

「韓国でもレストラン、ホテルはクリスマス特価」 2005年12月24日配信号

「韓国でもレストラン、ホテルはクリスマス特価」 2005年12月24日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― まるで冷蔵庫というよりは冷凍庫な韓国から帰ってきたばかりで、 寒い日本も過ごしやすいSeoulLife Records店長の小杉です。 ・・・・・・。 そうですね、今日はイブですね。それは知っていますよ。 韓国でもラジオをつければキャロルが流れ、街のあちこちに ツリーがあり、店員のお姉さん達はサンタ帽(?)をかぶって…

「韓国のブルタクは非常に辛ーいチキンなのです」 2005年12月20日配信号

「韓国のブルタクは非常に辛ーいチキンなのです」 2005年12月20日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― これを書いているのは韓国出張前の19日なのですが、非常に憂鬱な 気分でキーボードを叩いているSeoulLife Records店長の小杉です。 何が憂鬱といって「寒すぎる」のです。 ソウルは昨日マイナス12度を記録したとか。 SeoulLife Recordsの韓国事務所では水道管が凍って破裂したそうです。 正直わた…

「韓国のクリスマスは寒いし高い」 2005年12月16日配信号

「韓国のクリスマスは寒いし高い」 2005年12月16日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― クリスマスも近づき、そろそろ完全に追い詰められた感が漂い はじめてきた、SeoulLife Records店長の小杉です。 予定? そんなものございません。 実のところ、昨日「よし!あと1週間でなんとか孤独なクリスマスに しないように頑張ろう!頑張ってみるよ!」と知人の前で宣言した のですが・・・ 「小杉、お前来週ほ…

「韓国の室内と室外の温度差」 2005年12月13日配信号

「韓国の室内と室外の温度差」 2005年12月13日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― 何事も無くライブも終わり、色々な意味で何事もなかったことが果たして 良いのか悪いのか微妙なものだと思うSeoulLife Records店長の小杉です。 ここしばらく韓国ネタに苦しんでいたのですが、幸か不幸か来週に 韓国への出張が決まりまして。ただ・・・この時期の韓国は正直あまり 嬉しいものではありません。 「激寒」…

「メンバー全員あがり症のバンド」 2005年12月9日配信号

「メンバー全員あがり症のバンド」 2005年12月9日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― 案外店長小杉がバンドをやっていることを覚えていてくれた読者の 方々の反応に喜びを隠せないSeoulLife Records店長小杉です。 今回は私は歌わないのである意味気楽な部分もありまして、 読者の方から「どこでやるのでしょう?」という問い合わせもありましたし、 いっそこのメールマガジンで告知なんかもいいかなと思っ…

「CDを聴けば当然みんな自分より上手い」 2005年12月6日配信号

「CDを聴けば当然みんな自分より上手い」 2005年12月6日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― 趣味でやっているバンドのライブが近く、今から緊張でキリキリ胃を 痛めているSeoulLife Records店長の小杉です。 普段はこういうお仕事ですから、韓国のアーティストが出したCDに ああでもないこうでもないと具にもつかない評論というか何というか そんなものを書いたりしているわけなのですが、今回は「批評される側…

「また社長に代打を頼む」 2005年12月2日配信号

「また社長に代打を頼む」 2005年12月2日配信号

[つれづれ。。。] ▼――――――――――――――――――――――――――――― 最近この「つれづれ」で独り者の孤独感を前面に押し出しすぎな SeoulLife Records店長の小杉です。 メールマガジンを出すたびに読者のみなさんからのメールで励まされて いるような状態なのですが、残念ながら「店長と付き合ってもいいです」 的なメールはありません。当然ですね。 で、今回はこのようなテーマで進めな…